« お母さん ゴメン | トップページ | ・・・きてる? »

知らぬは親ばかり

                                     

ピアノ教室の先生は ルンルンの同級生のお母さんです。

母親同士、仲良しです。

ご自宅にピアノの部屋があり そこでレッスンします。

                                       

ルンルン・ランランと続いてレッスン。

1人のレッスン時間は30分。

子供だけで通える距離ではないので、私は送り迎えのために

行ったり来たりしていました。

先生のご好意で、子供はリビングで待たせてもらえることに。

子供は テレビを見たり 本を読んで過ごします。

これで、最初に2人を送っていって 1時間後に2人を迎えに

行けば良いことになりました!

とってもラクになりました~ ヽ(^◇^*)/

                                     

と、まぁ ここまではいいんです ・ ・ ・

                                       

少し前から 先生のお宅で犬を飼い始めました。

我が家も2匹飼っているので、犬には慣れています。

                    (今思えば、この考えがいけなかった!!)

                                                     

ある日、先生から 「 ちょっと相談が‥」 と。

相談内容は─

                                             

ランランが 犬との遊び方が激しい。

遊び方が激しいため、犬も興奮してしまう。

まだ甘噛みの躾けも出来ていないから 噛んでしまいそうで

恐い。

今までも何度かランランに注意したのだけど、まだ激しくて‥

私(先生)も レッスンがあるから、見てはいられない。

見てない時に噛まれでもしたら申し訳ない。

お母さん(私)の方からも言ってもらえないか?

                                      

─ と いうことでした。

                                       

                                         

!!!!!!!!!( ̄Д ̄;)

                                        

何という申し訳ないことをっっ!!!!!!!!!

                                       

きっと、先生も知ってる仲だけに私に言いにくかったと思います。

こういうのって、仲良くない方が言いやすいでしょ。

今までも何回か注意していたなんて・・・

何も知らなかった自分が恥ずかしい。

注意されても止めないランランったら─!!!(ー_ー#)

注意されてたこと、黙ってるなんて─!!!!(ー'`ーメ)

                                       

すぐにランランと話しました。

素直に認めました。 ( この 「素直に認めた」 ことは褒めました )

でも、きっっっちりと 言って聞かせました( ̄^ ̄)

「 注意されたら すぐに止めなさい!」 にも 「 ‥ハイ‥ 」 って。

ランランは、自分ちの犬と同じように遊んだだけのよう。

で ・ も !!

自分ちの犬とよその犬は もちろん違う!!!!!

ここは ちゃんと理解してもらわないと。

どんな犬とも同じように遊んでいいわけない。

第一、ランランがもし噛まれたら 先生の家が大変です。

飼い犬が他人を噛んだら、保健所に届け出なきゃいけない!

狂犬病の注射済み確認 とか‥大変なことになってしまうのです。

その事もランランに説明しました。

う~~ん。黙って聞いてたね。。。

話の最中、泣くかと思ったけど泣かなかった。

その代わり(?) 話のあとのご飯は ほとんど食べない・・・

    ふぅ~~~~ ・ ・ ・ ( ̄●● ̄ ̄  )

                                      

理解したと思ってるけれど、ちょっと心配は残る。

心配が少しでもあるなら、リビングで待たせてもらうのはダメ!と

判断しました。

私がラクをせずに、何度も送り迎えすればいい話です。

これが 結論!!

                                        

先生にも これを話し、了解してもらえました。

一応は 一件落着‥ かな?

                                        

『子供は 自分の都合の悪い事は言わない』

身をもって実感。

親だけが知らなかったなんて、なんて恥ずかしいことか‥

言ってくれた先生に 感謝 感謝です。

                                           

                                          

長文、読んでくれて ありがとう。

                                            

                                              

|

« お母さん ゴメン | トップページ | ・・・きてる? »

コメント

ランランちゃん、犬には慣れてるだろうし
犬が喜んでくれてるの分かるんだろうね~。
ついつい激しくなっちゃうんだな~。
なんか、わかるわ~(T_T)
でも、もしものことがあった時にはお互い
嫌だしね…。そうそう。都合の悪いことは
言わないのは、うちも一緒(^_^;)
その都度しっかり親子で話していかなきゃって
思うよ~(#^.^#)

投稿: たまちゃん! | 2006年9月17日 (日) 16時05分

こんにちは。
いや~わかるよわかる!子供って
親のいないところで豹変しているから
わからないよね。
(ランランちゃんは別に悪いことを
してたわけじゃないんだけどね)

昨日、記事にはあえてしなかったんだけど
図書館でDVDを見ていたんだけど
隣に座っていた2,3年生の女の子が
一人で「クレヨンしんちゃん」の映画を
見ていたら、大笑い、独り言。足をバタバタ
させてすごかったの。
何度も図書館の人に注意されているのに
ちっとも聞かなくて。
後からお母さんらしき人が小さな男の子
を連れてきたんだけどね、お母さん的には
娘だけ映画を見せていればいいと思ったのかも
図書館の人に何度も注意されているのも知らずにね。

やっぱり親が見ていてこういう時にはどうしたら
いいのか一緒にいて教えてあげるべきなんだよね
うちのバカ息子は口では何も言わなかったけど
屁こいてましたから!
静かな図書館に響きわたちゃってさ
うちも人のことが言えないんだけどね
・゚・(ノД`)・゚・。

投稿: ゆず | 2006年9月17日 (日) 16時59分

こんばんは~。
う~。そうだね。ランランちゃんは何も悪いことしてないよ。先生のおっしゃってる事も間違ってない。後は、のんさんの考え次第。。。って、ランランちゃんに説得させ先生に謝った。そして、送り迎えをするようにした。。。それで解決。うん?なんか疑問に残る事がのんさんにあるかも。。。 誰も悪くないのに万一の結果を考えるとどうしよう?って事は、色々な場面で起こりますね。難しい問題です。ただ、わかっている事は、お互いに心も体も傷つかないように!って事かな?

私も犬と遊ぶと今でもそうですが、とってもふざけあいます。犬もそういうのが好きだから、調子にのって手をかんだりするんですよね!痛くない程度に。。。だから、ランランちゃんの犬とじゃれあう気持ち、とってもよくわかります。お母さんに説得されてもなかなか納得いかないとも思います。いずれにしても、のんさんがランランちゃんの事を大事に思うからって事を伝えてあげようね。そうすれば、ランランちゃん、きっとわかってくれるはずだよ。。。

投稿: eimeis | 2006年9月17日 (日) 19時38分

●たまちゃん! へ

そうなの。本当に噛まれちゃったら‥
ただ遊びに行ってるわけじゃないからねぇ。
噛まれたことが原因で ピアノを習うのが難しくなったら、話がおかしくなっちゃうでしょ。
ルンルンも理解したから、まぁ 解決かな?
「叱られるから」言わないんだろうけど‥こっちだって何でもかんでも叱る訳じゃないのにね~!! 

投稿: のん→たまちゃん!さん | 2006年9月17日 (日) 20時45分

●ゆずちゃん へ

えっ! えーっ!! 音のあるオナラをしたの?! 響いたのー?!
・・・ごめん、そこに食い付いちゃった( ̄▽ ̄;)
「いけない事だから注意されるんだ」ってことを子供に まず分からせないとね。 私も今回 そのことをよく言い聞かせたよ。
そのお母さんは また気が付かないで終わっちゃったのね‥
きっとまた、その娘は どこかで同じような事で注意されるでしょう?
その時こそ お母さんは気が付いて欲しいわ~。


投稿: のん→ゆずさん | 2006年9月17日 (日) 20時53分

●eimeisさん へ

ランランも「飼い犬が他人を噛んだら どれだけ大変な事になるか」を知ってるので、話をしたら理解しました。
もちろん、ランランはケガするでしょうし‥ ウチとしても困りますね。
子犬だから (ポメラニアンなので小さくてフワフワでかわいい♪)
かまいたくって仕方なかったようです。
普段はサークル内にいるのに、出してもらって遊んでいたようです。
本当に噛まれて大変な事になったら 気まずくなってピアノを習うのも難しくなるでしょう‥ 友達関係も どうなるか‥
そういう事まで考えたら、今回の結論で良いかな と思います。
ランランは(何事もなかったように)今まで通りピアノに通っています。

投稿: のん→eimeisさん | 2006年9月17日 (日) 21時07分

ランランちゃん、犬大好きなんだねー(´▽`*)
でもやっぱりよその犬と遊ぶ時は気をつけないとね。
こっちも怪我しちゃうし、相手にも迷惑かけちゃうし・・・

>子供は 自分の都合の悪い事は言わない
母親ならまだ言いやすいかもだけど、うちは男だけだし言いにくい事もあったりするかも・・・なんて思ってしまって心配です(´・ω・`)

投稿: あゆむ | 2006年9月17日 (日) 21時27分

●あゆむん へ

そうなの。大好きで、ましてや怖い物知らずなの☆
噛まれるかも とは考えないみたい(>_<)
気を付けなきゃいけない って念を押しておいた!

母親って しょっちゅう怒ってるから、何でも「叱られる」って思っちゃうのかも‥ 「だったら言わない。」なのかな。
男親・女親‥ 関係ないよ!!

投稿: のん→あゆむさん | 2006年9月17日 (日) 22時21分

こんばんは♪
子供って、本能で動いてるからね~。
犬さんと遊ぶのがとっても楽しかったのね。。
楽しいと思ったら、楽しくて仕方なくて度が過ぎるのよね。
そして注意されて段々とその程度がわかってくるんだよね。

噛まれたら届出をする事にビックリ。
生まれてから今まで動物を飼ったことない環境の私はそんな重要な事知らなかったわ。

投稿: チイ | 2006年9月17日 (日) 23時20分

おはようございます♪
ランランちゃん、わんちゃん大好きなんですね~(´ー`人)
遊んでダメじゃないけど遊ぶならこの程度でって・・教えるのは難しい事ですよね。。触れさせない事が結論でもないだろうし。んーーーーーー(;-_-)決して悪い事してた訳じゃないから、怒りにくいのもありますよね。我が家はこれから子供を作る予定なので、のんさんのブログ読んでると本当にお勉強になります。

投稿: 真亜香 | 2006年9月18日 (月) 08時33分

●チイさん へ

ランランは、どうも度を超しちゃうタイプ ( ̄へ ̄;)
それを注意してもらえて、親子して良かったよ~。
子供には何も言わずに あとで親だけに言う人もいるでしょ。
私としては、その場で注意してほしいからね。。。
ホント、ありがと~!!って感じ。

そうなの。届け出なきゃいけないの。
今は狂犬病で死んじゃうことは日本ではないんだけど、中国は今でもあるでしょ。 狂犬病の注射は義務なんだよ~。

投稿: のん→チイさん | 2006年9月18日 (月) 11時10分

●真亜香さん へ

先生も この位ならOK!みたく教えてくれたようなんだけど、つい激しく遊んじゃうのね。。。(_ _;)
そうなの。犬と遊ぶという事は、叱ることではないから 分かるように言い聞かせた。
今は 迎えに行った私の目がある時にだけ 遊ばせてもらってる♪
いやいや~ 勉強になるだなんて(* ̄ー ̄*)ゞ
私こそ 遊びに来てくれている方々のコメント、すごく勉強になってる。

投稿: のん→真亜香さん | 2006年9月18日 (月) 11時24分

一件落着で良かったね
親が
『子供は 自分の都合の悪い事は言わない』
と理解できているかどうかで だいぶ違うと思うよ~
中には「我が子が絶対!」という所もあるしね~
ウチの娘 中3だけど 未だに都合の悪いことは言いませんw
私も母にはそうかもしれないww

投稿: まりが | 2006年9月19日 (火) 11時38分

●まりがさん へ

「我が子が絶対!」と思えるなんて ある意味すごいですね~☆
私は我が子に対して そこまで自信持てません・・・
そういわれれば 私も母にはそうかも( ̄m ̄;)
それじゃ 娘がそうで当たり前!ってことですね~

投稿: のん→まりがさん | 2006年9月19日 (火) 16時04分

Mint sounds like a great application! Is there anybody who has experience using this app? I\’m going to download it and check the reviews, but I just wanted to hear a positive review from somebody on this site

投稿: Ariana | 2014年4月 2日 (水) 06時39分

build geographic and gender-balanced partnerships and capacity for environmental assessments.

投稿: Cheap Fake Oakley Frogskins Sunglasses Black Frame Rainbow Lens | 2014年5月 6日 (火) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お母さん ゴメン | トップページ | ・・・きてる? »